消防設備点検保守 防災設備工事

自治体で自主防災担当の皆様へ

 新しく役員になられた方で、着任して任されたけれど、何をどれくらい備蓄したらいいのかわからない、持っている機材を修理・更新したい、またこんな場合はどうしたらいい?など、消防・防災用品などについてご相談からのらせていただきます。

また、様々な地域の環境・自主防災会の規模・住民の皆さんの要望などでも、備蓄をおススメする商品は変わってきます。今の備蓄状況を見直したい、機材の更新など、ベテランの自主防災会役員様からのご相談も、様々な自主防災会様に納入実績があり、経験豊富な私たちがお受けいたします。

まずは、お気軽にお電話かメールでお問い合わせください。

消火器の使用期限について

近年、点検せずに長期間放置された古い消火器を操作または廃棄処理
しようとした際に消火器が破裂し、けがをする事故が発生しています。

事故防止の安全対策として、安全上の注意事項等の表示、
耐圧性能点検が法律で義務付けられました

消火器の設計標準使用期限は製造年から10年(住宅用消火器は5年)です。

製造年より10年を過ぎた消火器は、3年ごとの耐圧試験が必要になるため、
コスト面などから当社では”買い替え”をおススメしています。

今回の法改正について詳しくは下記資料をご参照ください。
>>
消火器の規格・点検基準改正に関する資料(PDF)
  (一般財団法人日本消防設備安全センター様作成)

消火器の廃棄・リサイクルについて

消火器リサイクルシール見本

消火器を廃棄する際には一般ゴミとして出すことはできません。
さらに、廃棄の際には別途リサイクルシールが必要な場合がございます。
(2010年以降に製造されたものに関しては、製造時にリサイクルシールが貼られているので別途購入の必要はありません。)

次のような消火器は点検または廃棄・リサイクルをおすすめします。

  • 耐用年数を過ぎている消火器
  • 錆びたり腐食している消火器
  • 大きなキズや変形した箇所がある消火器

 消火器を点検・廃棄・リサイクルする際は、
消火器リサイクル推進センターの特定窓口である当社にご連絡下さい

消火器の訪問点検にご注意を

消火器の訪問点検にご注意を全国各地で不適切な点検や高額請求の被害が多発しています。
点検を承諾する際は、必ず契約業者であるかを確認しましょう。

従業員の方々にも周知を徹底しましょう!

お問い合せはお気軽にどうぞ

消防設備点検防火対象物点検防災設備工事などに関するお問い合せはお気軽に御殿場消防機材までどうぞ。

御殿場消防機材へのお問い合せ